観音寺について

観音寺について

補陀山観音寺は文永4年(1267)の創建とされ、当時は南海山法船寺と称していました。嘉吉2年(1442)5月に瓦葺き本堂を領主小川正辰が再興した臨済宗のお寺です。文禄2年(1593)10月に横河次太夫重陳公が京都妙心寺より天巌清長禅師を請いて開山とし、現在の補陀山観音寺と名を改めました。また、沙羅の咲くお寺として、開花時期にはたくさんの方が花を鑑賞に来られて賑わうお寺でもございます。


観音寺縁起はこちら >>

お知らせ

2019-2-6
《お寺で縁結び!》観音寺つつじの会では、赤ツツジの花言葉「恋の喜び」をコンセプトにお寺で新しい出会いやご縁を広げることを主旨としております。

今回の募集は定員となりましたので、締め切らせて頂きます。ありがとうございました。

詳しくはこちら >>

2018-12-17
《写経会のご案内》毎月一度、本堂で写経会をおこなっております。どなた様でもお気軽にご参加いただけますので、ご興味をお持ちの方はお問合せください。日程は、Facebookにてお知らせいたします。

詳しくはこちら >>

2018-12-15
《観音寺でハワイヨガ!》呼吸を大切に、誰でも出来るゆったりヨガを観音寺で体験してみませんか。日程は随時、Facebookにて更新いたします。ご興味をお持ちの方は、是非お問合せください。

詳しくはこちら >>

2018-12-15
補陀山 観音寺 公式ホームページが完成いたしました。

年間行事

元旦
新年修正会
1月2日~3日
祈祷札年頭参り
春分の日 前後5日間
春季彼岸参り
5月8日
釈迦降誕会(花まつり)
6月中旬頃
沙羅樹開花
(開花情報は、随時更新致します。)
8月上旬
四万六千法要
8月1日~14日
お盆参り
8月17日
施餓鬼法要
8月24日
地蔵盆
秋分の日の前後
秋季彼岸法要
11月17日
お十夜法要

PHOTO GALLERY

四季の花
四季の花

境内では沙羅双樹を始め、たくさんの草花が季節毎の美しい表情を見せています。

季節の催し
季節の催し

観音寺では地域の皆様に親しまれるお寺として、様々な催しを開催しています。

境内の史跡
観音寺

観音寺境内には、明石市指定の文化財などもございます。お気軽にご拝観ください。

ACCESS

補陀山 観音寺

〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見1643

TEL:078-942-1480
FAX:078-942-0879

【お車でお越しの方】
山陽電鉄「東二見駅」の東
二見農協前の道路を南下(約450m)し、
突き当たりを右折し、すぐの北行き
一方通行を上る(約100m)
※駐車場ございます。

【電車でお越しの方】
山陽電鉄「東二見駅」下車
南へ商店街を下り、徒歩約8分

詳しくはこちら >>

ページのトップへ戻る